2017年12月14日

叶う目標達成方法2018


お久しぶりです。
今年もあっという間に2週間ですね。


年末と言えば、
来年は何を目標にしようかと、
考えることがあるではないかと思います。



目標立てても叶わないしなぁ~
目標はとりあえず立てるだけ~


なんて思っているあなた!
ぜひ
読んでください。

読んで実行すれば、
2018年は良い年になるはずです!

目標達成する重要な秘訣

お話します。。




そもそも、
なんであなたは目標を立てるのでしょうか?

私はコーチとして、
目標を達成するお手伝いしています。


目標を立てて達成してもらう
大きな目的は3つあり、


1、現実を変えるため
2、自己信頼をするため
3、実力をつけるため



そもそも
何かしたいなぁ~と感じたときは
今の現実に不満があるときです。


不満があるなら、
何か変えたいこと、
欲しい現実があるはずです。


不満のある今の現実と理想のギャップを
埋めるのに目標設定は役立ちます。


目標を立てて達成することは、
実力をつけ、自己信頼をし、現実を変えるためです。



また、
目標を自分で設定して達成することは、
自分で課した約束を守ること、
つまり、自分のことを大切に扱っている
ということです。

そして
コツコツと目標に向かっていたら、
実力もついてくるのは
あたりまえです。

自分は出来ると思えて信頼しているからこそ、
行動し目の前の現実を変えることが出来ます。

自分は出来ると信頼することを心理学では、
自己効力感と言います。

自己効力感があると、
コツコツとした努力ができます。

とは言え、
意思が鉄のように固い人なんて、
ほんのわずかしかいません。

どんなにコツコツしようとも、
正しく目標設定し、
自分では見えないスコトーマ(盲点)を
人から指摘してもらわないと、
目標達成が遅くなります。

目標達成が遅くなり、
思考錯誤しているうちに、
自信が無くなったり、
感情で行動して、
いつのまにか目標を忘れてしまいがちです。



だから、
成功している人は
コーチやコンサルを雇っています。

自分の意志力を過信していないのです。

自分は正しい方法でコツコツやれば出来るけど、
誘惑に負けることも、
目標に一直線だと視野が狭くなることも
想定済みなんです。



つまり、
コーチやコンサルを雇い、
目標達成しやすい環境を
意図的に作っているのです。




逆に
何度も何度も目標立てても、
達成できない人もいます。

達成できない大きな2パターンあり、

一つは、
意志力さえあれば、
目標達成できると思っているパターン。


目標達成時のワクワクだけを頼りに、
意志力を過信して、
無理めな目標達成計画を立てて、
そのことに気づいていなかったりします。


コレを繰り返すと、
自分は目標を達成できない人という
セルフイメージを持つので、
上手くいかないパターンを
無意識に繰り返してしまいます。




二つ目は、
どんなことでも
失敗したらダメだという、

心の在り方に
問題があったりします。

目標達成はトライ&エラー
なので、
エラーは想定内。
エラーをどう修正していくかで、
目標を達成します。



失敗はダメだという心の在り方は、

まず、
心理系のカウンセリングやセラピーを受けて、
自己肯定感を高めることから
おススメします。



自己肯定感は、
どんな自分でもOKだ!
ありのままを受け入れる
こと
です。

なぜ心理学系かというと、
根拠があるからです。

自己肯定感を上げるには、
人と関わらないといけません。

どんな自分でもOKだと思えるには、
安全な環境で、
ありのままの自分をさらけ出し、
それを実感しないといけません。

それは心理学系のセラピー、
カウンセリングの専門分野です。

どんな自分もOKだと思えれば、
失敗は怖くても前に進めます。





逆に
自己肯定感を上げるには、
あまり、癒し系の要素がある
スピリチュアルカウンセリング、
ヒーリング、占いはお勧めしません。



なぜかというと、
癒しは一時休止をすることが本質で、
決して前に進む要素はないからです。



もともと、自己肯定感が高くて、
一時的に疲れ切っている人が
癒し系のヒーリングなどを受けると、
傷や疲れが癒されて
次のステージに進む効果はあると思います。

または、
とっても疲れきっていたり、
傷が深すぎて、
何もできない状態の時には
癒し系は効果あがります。



でも本質は一時停止。
傷が浅かったり、
チョット疲れたりしただけで癒しに頼すぎるのは、
癒しに依存し現状維持をもたらす副作用もあります。



つまり、
自己肯定感が上がる前に、
癒しで満足してしまうのです。


目標達成しないダメな自分にフォーカスして、
そこを優しい言葉で癒して終わるだけだったりします。

時には父性的な愛で、
あなたの可能性を信じてるからこそ、
頑張ってもらい
分の力で立ち上がるように
応援しないといけないと時もあります。



まとめます。

目標達成したいなら、

1、目標達成方法をチェックする。
2、必要なのは、自己肯定感なのか、自己効力感なのかチェックする。


意志力に頼りすぎた目標達成をしてないか?
自分が求めているのは、ありのまま自分にOKを出したいのか?
それとも本当に叶えたい夢や目標があるのかをチェックしてみてください。


おまけ、
毎年目標を立ててるけど叶わない目標、
頑張っているけど達成できない目標はこのさい、
本気であきらめてみてください。

こんなに頑張ったのに!
お金かけたのに!
時間も書けたのに!
犠牲をたくさんしたのに!

その執着、一度忘れましょう。

本気で叶えたい目標なら、
何年かかっても、一度あきらめても、
絶対に本気でやりたい!という時が来ます。
そしてその時こそ短期で目標が叶ったりします。

中途半端にやるよりも、
ぜひ新しい何かにチャレンジしてみてくださいね。

  


Posted by shenell at 21:35Comments(0)コーチング

2017年06月09日

感謝の裏側にある思い

お久しぶりです、牧です。


去年の秋ごろ

ケアンズ市内のホテルでお友達と

お茶をしていた時に話題になったあることが、

ずっと頭に残っていました。

 

「言葉は嘘をつくということ」

 

 

 

今から約一か月前、

最初は良い感じで、

自分の目標に向かって、

計画→行動→修正を回して

コツコツと行動していた

コーチングのクライアントAさんが

 


この頃、言動のヅレが出てきてて

行動を起こせてないことが多々ありました。

 

コーチングセッション中は

良い感じで計画→行動→修正

ができるんだけど、

 

課題をこなせないことが

増えていたんですよね。

 

そんなある日ふとAさんのSNS

拝見していた時、

 

やたらと「感謝しています」の言葉が多いことに

気が付きました。

 

 

モチロン、感謝をすることは良いことです。

 

ただ、さんAさん

感謝のことしかほぼSNSに投稿してませんでした。

 

 

「きれいな月を見れることに感謝します。」

「おいしいご飯に感謝します」

「ゆっくり寝れることに感謝します。」

「日々嬉しいことがあることに感謝します。」

 

 

私は2つ見抜いちゃったんですよね。

「感謝連発」の裏側にある思いを。



1つ

「日々感謝ができる自己肯定感の高い私」

を周りに認めてもらおうとしているのが。

2つ

「このままの私でも幸せ」

だから努力をしなくても良い。

 

 

SNSの投稿内容は自由なので何でも良いんです。

でも日記とは違い相手に見られることが前提になります。

 

Aさん昔はすっごく面白いことも

投稿していたんです。

 

日々のイラっとしたこと、

上手くいかなかったこと、

嬉しかったこと、

ワクワクする体験など

 

Aさん自身を投稿していたんですよ。

 

 

自己肯定感が高いというのは、

ありのままの自分を受け入れること。

 

「ゆっくり寝れた」

「美味しかった」

「キレイだった」

「嬉しい」

 

それだけで十分だったりしませんか?

 

 

良い自分をアピールばかりしたら、

ダメだと感じてる部分を

バレないようにビクビクするので、、

後々人付き合いがしんどくなってきます。

 

 

 

2つ目の

「このままの私でも幸せ」

だから努力をしなくても良い。

 

目標を達成をするには、

努力や時間が必要になってきます。

 

努力しても結果が見えにくかったりすると、

現状の自分に甘えちゃったりすることもあるんです。

 

結果を焦るばかりに

本来の自分の目的を忘れたり

軽視したりすることもあったり。


 

「○○○が手に入らないから今の現状の方に価値がある」

 

「○○○が手に入らないから

 ○○○は本当は価値がないんじゃないかな。」

 

社会心理学では認知的不協和と言います。

詳しくはWIKIさん見てくださいね。

 

この2つの理由が行動できない原因の可能性が

あることを伝えて、

感謝の気持ちにある裏側に気づくセッションを

させて頂きました。



再び自分と向きあってもらい

ソコソコの人生に満足するのでなく、

Aさんの本来の「叶えたい!」という先の

思いを思いだしてもらい、

再びコツコツと行動できるようになりました。

 

 私もクライアントさんも、

時には、お互いに耳が痛いことを

言ったりするけれど、

ありのままの自分で素直に語り合える

コーチングが私は好きです。

 

 

言霊も大事だし、感謝をするのも

素敵なことだけど、

言葉は時として嘘をつきます。

言葉の裏側にある思いを見つけて、

心の中の情熱をもった目的を実現する

お手伝いをするのが

コーチとしての私の仕事です




もし今あなたが言動一致しないなぁと
思っているなら、
言葉の裏側にある思い
ぜひ、探ってみてくださいね。

  


Posted by shenell at 20:20Comments(0)コーチング