2017年07月14日

「恵まれているんですけど○○○で悩んでます。」

お久しぶりです、牧です。


ヒプノセラピーのセッションが
立て続けに続いて、
気が付いたら7月!

ありがたいことに、
慌ただしく、楽しく過ごしていました。

そんな中、
新規セッションの方で多い最初の一言

「恵まれているんですけど○○○で悩んでます。」

特に最近多かったですね。

「恵まれているんですけど、」を聞くと、
お悩みの本題に入る前にまずは、
「恵まれているんですけど、」
の考え方から生まれる問題を解消しないと
先に進めなかったりします。

今日は
「恵まれているんですけど、」と聞いたら、
私が最初に話させていただくことを、
ブログでもお話したいと思います。

そもそも、
恵まれているかどうかは
あなたの問題に関係ないですよね?


あなたが恵まれているのは、
あなたが今まで努力してきた結果です。

その部分を自分で褒めてください。
さらに良いのは、恵まれている成功要因を分析して
未来に活かしてください。
恵まれた環境や運にも感謝すると
豊かさの循環も巡ります。

一番大事なのが!

問題だと感じているのはあなた自身なので、
あなた自身が望むような結果をえるための行動を
しないかぎり解決しません。

恵まれていて、
問題を感じていることに
罪悪感を持っても仕方ありません。

生存レベルで(経済的、環境的)の優劣で
自分の問題を比べないこと!


「食べるものもあって、戦争もなくて、家もある
だから幸せなはず。。。」

それは幸せかどうかより、
人間の基本的欲求が満たされているだけです。


WIKIさんより

マズローさんによると、
人間の欲求には階層があるので、
一つの階層の欲求が満たされれば、
次の欲求を満たしたい願望が出てきます。

人は欲求を満たしてきたから
ここまで進化してきました。

進化してきたモノは、
進化してきたなりの
責任や出来ることが現実世界にあるはずです。

物質世界に生きている限り、
変化はつきものです。


天気も、年も、経済も、家族構成だって、
変わります。

安定を求めて現状維持は
実は衰退(特にビジネスでは)を意味します。

今の幸せに感謝しつつも、
漠然とした不安を持っていたり、
自分のさらなる幸せを望んでいることに
罪悪感を持っているなら、

自分の感じているいることに
じっくり向き合ってください。

その罪悪感、不安はどこから来るのか?
誰の目線を気にしてるのかを、


じっく~~~り考えてみてくださいね。
 


  


Posted by shenell at 19:54Comments(0)生きやすさの心理

2017年06月11日

人と比べると良いことある

こんばんは、牧です。

 

あなたは、

人と比べるから自分らしく生きられない

と聞いてどう思いますか?

 

ホントに

人と比べずにいたら、自分らしく生きられるのでしょうか?

 

結構よくでる話題だと思います。

 

「あの人は〇だから~」

「私は〇だし、」

 

 

私は人と比べることは自分を知るきっかけ

だと感じてます。

 

違いが分かるのって比較しないと

分からないじゃないですか?

 

 

人と比べるから

自分と他人の違いを楽しむことに

つながり受け入れることだと思います。

 

 

人比べるから自分らしくいられないんじゃなくて、

 

自分は人より劣っていると感じてるのに、

でも本当は人より優れたい!

と思っている心理的葛藤が

自分らしくいられない原因です。

 

自分らしくいたいのなら、

最初にすることは、

 

現実の自分を認めること。

 

よくネットなどで見るのですが、

自分らしく生きたい人のための、

「自分の強みを活かす」

「オンリーワンを目指す」

「理想の自分を見つける」

 

などのワークショップ。

 

これらは2番目にすることです!

 

前提として

現在の自分を受け入れられる

自己肯定感がほど良くあること

です。

 

最初に自分の今の現状を許せてないのなら、

全て無駄になります。

 

結局は人と優劣を争いそこに劣等感を抱くからです。

 

自己肯定感低いと、

上のような理想の自分発見ワークをしたとしても、

そのあとの現実とのギャップに

生活自体が無気力になる可能性もあります。

 

自分の強み、個性、占い、などをしてもらったけど、

活かせてなかったりしたら、、

劣等感と優れたい欲求の葛藤がないか

探ってみてくださいね。

 

ちなみに、

優れたいと思ってるのが悪いことではなくて

優れたいのに行動に移してなかったり、

努力しなかったり、

何でも1番になりたかったり、

自分の今現時点では無理なことに執着したり、

することが

 自分らしくいられないんです。

 

 

まとめ

 

人と比べて落ち込む代わりに、

自分と人との違いを楽しんでみてくださいね。


  


Posted by shenell at 21:08Comments(0)生きやすさの心理

2017年06月10日

心のブロックは取れば良いッテいうものでもない

こんばんは、です。

昨日はYsan記事をシェア頂き、

沢山の人に読んで頂きました☆彡

 

ありがとうございます。

 

で、今日は昨日続きをちょっと書こうと思います♪

 

人には根本的な欲求として

存在を認められたい、価値を認めてもらいたい

というのがあります。

 

この欲求は通常は幼少期に

親、養育者から無条件の愛を与えられていて、

その欲求を

充分に満たされてたら、

大人になってこの願望が強く出てくることは

ありません。

 

幼少期にこの願望が満たされてたら、

人目を気にせず、

存在を認められたい、価値を認めてもらいたいの

承認欲求より、

心からやりたいことにフォーカスできたりします。

自分は何があっても大丈夫だと感じているんです。

そういう人は、

感謝するのは当たり前なんです。

感謝することは生きる上での前提なんです。

だから自然と言動ででます。

 

人の好意を無条件に受け入れられたり、

人に好意を無条件に与えたりすることができます。

 

ありがとうはありがとうです。

嬉しいは嬉しいんです。

あなたが嬉しいと私も嬉しい♪です。

ただそれだけで、

嬉しいの循環ですよね。

 

そんな世界生きやすそうじゃないですか?

 

とはいえ、

他者への承認欲求、価値を認めてもらうことに

何の問題を感じていなければ、

それでいいんです


 

そもそも

承認欲求自体が根本的欲求なので、

完璧には取り除けはしません

 

自分の心から信頼している人にだけ

認めてもらえば嬉しい♪

というだけで、

誰もかれもに承認欲求を求めたりしなければ、

生きやすくはなります。

 

 

心のブロックも全部取ってしまうものでもないんです。

 

心のブロックも何かしら

あなたを守るために出来たものだからです。

 

何でもかんでも心のブロックだと思い

外したり取り除こうとすると、

それが生きる目的になってしまい、

一生を終えてしまいます。

 

それだけ心のブロックって多いんです。

 

 

だから私のコーチングでは、

今問題だと思っていること、

 

昨日の記事のように、

大きな目的の邪魔をしているときに、

心のブロックを問題として取り扱います。

 

 

自己実現をテーマにして

コーチングを受けるクライアントさんは

多いです。

 

自己実現(叶えたい目的)がビジネスで

ある場合は

承認欲求は出来るだけ満たしている

状態からスタートします。

 

でないと、

人との交流ができないからです。

 

フィードバックを自分の存在を否定されたと思い、

傷ついて行動できなかったり、

 

目的よりも

自分のやり方に以上にこだわったり、

 

人目が気になって、

ビジネスの目的でないことをやり始めたり、

するからです。

 

 

ビジネスは基本的に

人とのやり取りの中で生まれ、

商品は顧客目線でないと売れないですよね。

顧客が欲しいと思うものを売らないと

ただの押し売りです。

 

 

目線がME,ME,MEだと

売れたとしても長くは続かないか、

金額が低い可能性が高いです。

 

話がそれましたが、

 

まとめます。

 

今やネットや本やメディアの情報の洪水、

スピリチャル、自己啓発、心理学、‥などで

混乱するかもしれませんし、

影響を受けて、

「○○○だとダメなんだぁ~」って感じるかもしれません。

 

どんなことでも、

一番大事なスタートは

「自分がどうしたいか」

です。

 

そのうえで、

あなたが問題だと感じていることが、

真剣に今、問題だと思っているのか?

問題だと感じてるとしたら、

生活でどんな障害が起きているのか?

 

振り返ってみてくださいね。

人生を変えるような、

大きなメッセージが潜んでるかもしれませんね♪



  


Posted by shenell at 21:02Comments(0)生きやすさの心理