2018年01月26日

経験をムダにしない方法

突然ですが、

積み上げたものが無駄に終わる人、終わらない人
の違いって分かりますか?

昨日、お友達のyasminさんに

牧さんロジカルに考えることができるから

と言われてハッピーな牧です
(3年前の私に聞かせてあげたい(T . T))


今日の記事は、
絶対に人生の選択のヒントになるから
呼んでください。



昨日ヤスミンさんとお話したことが
きっかけで、
私自身の過去を振り返り、
そして、クライアントさん、
ビジネスで成功している人の
共通点を発見しました。

過去の積みげをできている人の特徴は、
2つあります。

1、目的意識がある人
2、ロジカルに考えることができる人



説明をすると、
1、目的意識がある人

目的意識がある人は、
今やっている行為、結果に執着しない。


今やっていることは手段であって、
目的でないことが分かってます。

手段に必要以上に感情をのせたりしないから、
ある程度の成果がでたら、
意外とあっさり終了できます。

また、成果が出なくても
サンクスコストを意識できます。
辞めどきがわかる。
サンクコストに関してはコチラを→☆彡


そして、終了したあとは、
次に向かいます。

2、ロジカルに考えること。

ロジカル(論理)に考えるとは
問題が起きる原因を整理でき、
問題解決につなげること。


だから、
「なぜ、どんな?」
などを抽象的に考えたり、
具体的に考えたりすることができるので、
思考が自由です。

だから、
今やっていること、
過去やって来たことを
分析したりして、
モノゴトの大事な部分や、
自分に必要性が高い要素を
理解しているので、


形は違えど、
経験を知識として次に活かします。



ちなみに、
頭で考えてる=ロジカル(ロジカル)
ではありません。

たまにですが、
クライアントさんんで
「感情より頭で考えるのでシンドイです」
の方がいらしゃるのですが、

「それ考えてるんじゃなくて、
感情に流されてるだけです。
思考停止してますよ」

というキッツイ返答させていただいてます。

考えてたら、
問題解決はしてるはずなので。

つまり、
思考の仕方に歪みがあるのです。
歪みの原因はたいがい感情です。



どこかの昔の有名な人の言葉で、

「理性は欲しいものは手いれることを助けるが、
理性は何が欲しいかは教えない。」



また、
美輪明宏さんは、

「悩んで落ち込んだ時、必要なのは理性。
邪魔なものは感情。その邪魔者を追い出してから、
理性だけで原因をクールに分析して、
解決策を見つける習慣を見つける習慣を見つけましょう」

とTwitterでおっしゃてました。

そもそも感情をムシするから、
ストレスがたまり、
脳の一部が機能が低下し
ワーキングメモリに影響を与えます。

ワーキングメモリの働きが悪くなり、
思考できなくなると、、
感情的、衝動的に走ってしまいます。

その結果、
「考えるより先に答え求め」
出来事を自分の都合の良いように解釈してしまい、
認知の歪みが発生します。

まとめると、
本来考えているということは、
頭と感情を両方使っています。


思考の歪みについては
さらに長くなるのでまた機会があれば。



話を戻すと、

1、目的意識があること、
2、ロジカルに考えることができる


の2点をしていたら、
積み上げたものが無駄に終わらない。

むしろ
自分のオリジナリティに変わる
ということになります。





そんなことを改めて実感した
楽しい日をyasminさんと過ごしました♫



PS

ロジカルに考えることができるからといって
全てをうまく解決するというわけではありません。

私は靴をカフェに置き忘れました。

昨日、雨降ったので、
靴が濡れないように、
かわゆいサンダル購入して
履き替えて
履いてた靴を袋に入れて持ち歩いてましたが、

カフェに靴忘れました。。。。
しかも
忘れないように自分の足元にくっけて
おいていたのに 笑

仕事以外ではだいたいこんなんです私。
事務作業とか苦手だし、
忘れ物多いい。。。

プライベートでは治らない。

とはいえ、
なんでも仮説志向です。


100%コレをやったら叶います!系は
ほぼ詐欺だと思います。

エビデンスベースと前提の上に
トライアンドエラーでしかないから。


PPS
共感できなくて良いので、
あなたの何かしらの結果につながる
記事でしたら幸いです♫

  


Posted by shenell at 19:04Comments(4)カシコイ生き方

2018年01月24日

ノウハウコレクターから脱したい人へ


こんばんは。

習字を習っていた友人の
「書き順を知らないと応用できない」
的なニュアンスの言葉が
頭から離れないです。

基本私は、
〇 結果が良ければok
〇 目的を達成してれば立てた目標はクリアしなくてもOK


な価値観を持っています。

だからといって、
目的を達成をできないのに、
目標をムシした行動を取りつ続けるのは
違います。
コレは自分との約束を守らない
ってことなので。



話は戻って

「習字は書き順とかより結果じゃない?」
ってどこかで感じてたのだけれど、

「書き順を知らないと応用できない」
を聞いて、
「守破離」は原理原則だなと実感。
そしてそれを見抜けない
自分の思考の甘さにも反省な今日この頃。



習字、スポーツ、ビジネス、芸術、
化学も文章もなんでも
ルールがあるので、

そのルールを守ってかないと、
その定義されたものではなくなるし、

例えば、
習字は文字を書くから、
絵を書いたら習字では無くなるだろうし、
バスケットもボールを蹴ったら
バスケットでなくなるし。

技術系は特に、
ルールを尋常じゃないくらい
ひたすら守ってスキルを磨いたら、
オリジナリティが嫌でも出てくる。


でも、でも、でも、
この尋常じゃないくらいを守るのは
退屈でしかない。
分かりきったことをコツコツするしかないから
創造性も使えないし、
分かっているからと言って、
自分がその通りにできるわけでもない。




だからこそ、

目的を意識しないと続かない。



目的を発見するには、
自分と自分の人生と向き合わないと
発見はできないし。



それに、
もし目的意識を持っていないと、
『ただ言われた通りにやっているだけ』
になって主体性がなくなってしまう。

そもそも
そのルールは本当に効率がいいのか?
ただ古いだけで本当は今は
機能していないんじゃないか?
とかも見抜けないから、

今やっていることが、
目的を達成から遠のいていることに
気がつかない。

結果が出ないから、
次の結果がでそうなモノに手をだしてしまう。
(過去の私。。。)

私が今まで見てきた中で、
目的意識を持っている人は
とっても素直だし、
教えを忠実に守るし、
行動にコミットしている。
だから結果があっという間にでたりもします。

コツコツは遠回りに見えて近道☆彡


もし、
⚫︎何事も続かない。
⚫︎いろんなことにチャレンジするけど、思ったより望む結果が出てない。
⚫︎おススメされた講座など誘いを断れなくてついつい参加してしまう。


など繰り返してるなら、

今までで人生の中で
やってて熱中しすぎてしまうもの』
を探ってみてください。


あっ、ヒントなるブログを
貼りますね
コチラです→ステキなブログです。



  


Posted by shenell at 20:30Comments(0)自分らしさいきる

2018年01月21日

魂を凝縮させた感謝

こんばんは、です

週末はあっという間に
終わりますね。


今日も、感謝について
書こうと思います。

もうグチは残ってません (笑)
(友人にかまってもらえたので満足♫)


たまたま今日
認知科学の本を読んでたら、
「感謝」について書いてあったので
シェアをさせてください。

お付き合い願えたら幸いです♪



感謝が湧くのは、
無くなるという危機感から、
当たり前にあったものに意識を
向けると湧いてくる。


いつかは無くなるかもなぁ〜、
「当たり前にあることに感謝」
「あの国には平和、大自然は当たり前じゃないんだ」
「今あるものに感謝しなきゃ」

という思考は感謝ではない。


というのは、
相反する2つのことを
同時に思うのは不可能
だから。

つまり、
強い実感としては危機感なしなのに、
でも思考では
感謝していると思っている。
は相反する。



もし
「水が当たり前にでない国もあるのに、
水が当たり前にでる国に住んでる私は
この現状に感謝しなきゃ」

を想像することと、


「一度マジで水がでない生活を経験した」
人の水が出ることへの感謝は
魂が言葉に凝縮されているレベルが違う。




私はよーくわかります。
この気持ち。
だから、
『感謝していることに感謝すればいい』
質問者さんにも答えたのだけれど、


私自身も、
親子共々ホームレスになりかけた時から、

借家、持ち家問わず、
風水問わず、

エネルギーが高いとか、
田舎、都会だとか問わず、
幽霊が出なければ、

屋根があって暮らせれば満足。
貸してくれるだけでありがたい。
(日本は審査が厳しいからね。)
暮らしたい人と暮らせているところが家だ!

って家に関しては無条件に感謝です。

あと私は
魂が凝縮された行為を受け取ったとき
感謝というより感動で心震えます。




例えば、
友人などから、
「コレ牧さんに役立つと思って」
と差し出された本。
風邪にいいから〜
と手間をかけてもってきてくれたり、
プレゼント〜と
私が好きなものを凝縮されたものを
差し出してもらったり、
「日本の旅から帰ったばっかでしょ?
寂しくない」
と私の人には見せない部分を感じて
気を使ってテキストくれたり、
私の偏頭痛を真剣に相談乗ってくれたり、
ブログを読んでくれたり、
アドバイスくれたり、

どれも
「私=湧川 牧」を
友人たちの日常に存在
してないと
できないことばかり。


ちょっと話しが飛ぶのだけれど、

12月に長らく会ってない友人が亡くなり、
とってもショックでふさぎこんでたけど、

友人と過ごした日常が、
とっても素晴らしくて、
その経験が私の人生にあることに
本当に感謝しました。


連絡取ってれば、
会ってれば、
何かできたかも〜
というエゴは少し会ったのだけれど、

それよりも、
誰かが生きているということが、
他の誰かにとってありがたいこ

なんだ!

という実感がすごかった。

亡くなった本人は
辛すぎての判断だったのだけれど、

やっぱり生きてて欲しかったなぁっと
思うわずにはいられない。

「この世に存在する」
という不思議さを実感しました。


認知科学では、

「自分はない、自分は他者の中に存在する」

と言われたりもしますが、

このことが腑に落ちました。


だから、
友人たちの日常に私は存在しているんだ!
と実感するたびに感動しているのだと
思います。




両親にはまだ感謝できてない部分が多くて、
それがたまにコンプレックスに
感じることもあるのだけれど、


両親への究極の感謝は

命があるうちに、
本当に自分が満足することを
やりたいようにやって、
生きててよかったなぁ〜
と思えた時に

魂を凝縮した感謝を伝えれるのでは
ないかと思います。



私は、

自分自身が価値があると思うこと、
大切だ〜と思うことを、
社会と大切な人たちに
循環していていけるように、


一生懸命生、
自分自身を生きます。



おまけ
究極の感謝を発見方法

⚫︎自分が危機感レベル(失うかもしれないモノ)のもの、経験は?
⚫︎もし思い浮かばなかったら、想像よりも実際に体験して、
  失うかも〜っていう臨場感てみるのはどうでしょうか?

例、
もし夫婦、カップルの仲が冷えてるなら一度ホテルとかに
滞在して失うってどういうことか実感レベルにしてみる。

例、
もし、失うものがないなら、電気、水とか生活レベルで
当たり前だと思っている生活を一度やめてみる。
キャンプとか?
とはいえ、
くれぐれも命に関わること、
人を傷つけることを通して、
感謝を見つけようとはしないでくださいね!

自己責任でお願いします!

何だかんだいって
感謝はモチベーションと
幸福の源になりますよね。




  


Posted by shenell at 17:57Comments(0)牧の気づき

2018年01月19日

感謝は新しい通貨なのか?

こんばんは、牧です。
あっという間に週末ですね!

久々に週末おしゃれしてお出かけしたい
今日この頃。

どなたか誘ってください。

さて、
前にも「感謝」について、
感謝してないことに感謝をするという行為的なことを辞めて
心から感謝していることに感謝しよう。
っという内容を書いたのだけれど、

また新たに「感謝」について書いてみようと
思います。




いつか記事で感謝について記事は、
質問を受けた形で答えたので、
今回は、私の感じたことを書きます。

なので
役に立つものではないし、
長文なので、
興味がある方のみお読みくださいな。




最近、
「感謝したらooo売れますよ」とっ、

出会って3分の人に言われました。

自己紹介の中で、
「私、今ooo売りだし中です」
と話したのですが、

感謝したら売れるという
アドバイスを頂きました。

ただ、
その時点では
その方が何をしている方なのかは
よく知らなかったし、
初対面だったので。

「そうなんですね。」

っと返答したのだけど、

「?」
ってモヤモヤ感がしばらく漂ってました。

しばらく経って
「あっ、あの人は
私が感謝してないから売れていないって
思ってるんだ(笑)」

「ちょっと失礼じゃないですか?
初対面の人に (笑)」


と私が受け取っていることに
気がつきました。

その方は
もちろん親切で
話したのですけどね。



ただ、
個人事業主としての経験6年と、
起業塾入ったり、
コンサルをお願いしたり、
マーケティングコンサルのまねごとで
ビジネスのアドバイスをしたり
している経験上、

「感謝したら売れる」

の構図は
因果関係
が逆じゃない?
っと感じました。。


つまり、

買い手がわ

原因
買って効果を実感したり、
欲しいもの手に入れたから

結果
感謝が湧く。



売り側
原因
共感してくれたり、
購入してくれる

結果
感謝が湧く


売買時に発生する感謝は、
売ったり売られる結果発生するもので、
原因ではない。
強いて言えば、
相関関係ではないのではないか?


だから
「感謝したら売れる」を
実行したら、
必ず売れるかと言ったら疑問。

例えば、
「ブログを書けば集客ができる」
売れるわけではない。

もっと言えば
集客をしたら売れる
わけでもない。

売ったら
売り上げが安定する
わけでもない。



売れる要素には本当にイロイロあって、
市場、
価値観、
経済、
ノウハウ
など条件がイロイロある!



私はビジネスの相談を受けたら、
まずはヒアリングをします。

因果関係を間違ったら
逆効果だからです。


参入する市場や
相談者の価値観や今やっていること
などイロイロ聞かないと分からないからです。

あ、話を感謝に戻すと、


「お金はエネルギー
感謝のエネルギーでお金を回すと
お金が入ってくる」

と言われたことがありますが、

本当に?って
私は思ってます。笑


私はお金に対する
メンタルブロックは信じます。

例えば、
お金は悪いものだと思ったら、
稼ぐ人を非難するし、
自分自身で稼ぐ行為をストップするし、
お金を稼いでも無駄遣いする。

だからお金に対する感じ方を変える
お手伝いは私もしたりします。

でも、
お金の感じ方を良い方向に変えたから、
お金が稼げるようになる、
わけではないです。


お金は目的を達成するときのツール、
社会が生み出した幻想=「信用」

でしかないから。


タイトルの
「お金は新しい通貨なの?」
にやっとたどりつくと、

「感謝したら何かが手に入る」は

感謝をお金(通貨)がわりにしてるのかなって
感じました。


私が感謝することって、

言いたい放題言わせてくれる友達、
不機嫌な私に耐えるパートナー、
自分の人生を生きていくクライアントさん、
ブログを読んでくれてる読者さん、
ブログを紹介してくれるお友達、
気軽にお茶に誘ってくれたりする方達、
厳しいことを言ってくれる先輩たち、
送り迎えを気遣ってくれるお友達、
専門知識を教えてくれるお友達、
微妙に健康でいてくれる愛犬、
などなど、
あげればキリがないんだけど、

でも、
私自信が感謝して何かを手に入れようと思ってないし、
絶対に私の友達、パートナー、クライアントさんも
私に感謝されるために行動してるわけではないから、

感謝を何かを手に入れるための道具にする
発想は私にはなかった!


あっ、でも価値の視覚化で
新しい経済を作るのは
とっても興味深いですよね。
letter potとかね。


仮想通貨により
お金の民主化が進むなら、
さらに、‘価値’
にお金を払う時代になると言われています。

感謝という見えない価値を
受け取った側が
どう変えるかは自由で
素敵なんだけど、


欲しいものあるから
感謝するのは私には違和感がありです。



まとめると、

個人事業主に
「感謝したら売れる」
は失礼に当たると思います。


そもそも個人事業主は
ビジネスをするのに、

クソみたいなものは売らない
と思う。
(人によるけど)


リスクを考えると
クソなものを一生懸命売って苦労するより、
雇われてるほうが楽だもの。

だから、
個人事業主は基本は
自分が好きなもの、
社会や人に役に立つと思って
売っていて、

それに共感したり、
欲しいと思っている人が
購入してくれて、

それで自分の生活も成り立ってるんだから、
ビジネスを続けられるのは
感謝でしかない。

その感謝をお客さんに日々返し
循環させて行くことが当たり前。

全然まとまんない (笑)

早い話、
お前が感謝してないから売れてないんだ!
と言われてるようで
スネている
ってだけです (笑)

まだまだお子様な私です。

グチったらすっきりした♪

ここまで長文なグチにお付き合いくださり
ありがとうございます。

おかげさまで
このモヤモヤは
これで終了できました♪

  


Posted by shenell at 19:28Comments(0)牧の気づき

2018年01月17日

揺るぎない自信をつける方法

こんにちは。
あっという間に2018年ですね。
2018年はどんな年になるか
楽しみですね。

今年の目標、目的、願望は決めましたか?
目標達成を

世界の3大言い訳の一つの

自信がない

があります。

コーチングのクライアントで
共通の悩みが
「自信がないから行動できない」


今日はコーチングのクライアントBさんの
過去のお話を参考に(許可済み)
「ゆるがない自信とは?」
の話をしたいと思います。







◯自信がないからやりたいことできない。
◯自信がないから辛い。
◯自信がないから人の目が気になる



だから
自信がつけば、
人生全てがうまくいくはず。

でも
何で自信がないの?
それは、
本当の自分がわかってないから?
自分の使命がわかってないから?
本当の自分はどこ?
もしかして心の声を無視してたから
自分がわからないの?
人の情報、常識に惑わされていると、
頭で考えるようになるって聞いたことがある。
そうだ!心の声を無視していたんだ!
頭で考えて行動してたから、
うまくいかなかったんだ。

コレからは心の声を大事にしよう。

自信をつけるために、
本当の自分を生きていこう。

綺麗な言葉を使い、
全てに感謝して、
一生懸命やりたいことを
努力して頑張っていこう。

でも頑張りすぎても
執着になるから、
心の声を聴きながら
バランスを取りながら、
自分の使命を生きて行こう。



心の声を聞いていくと、
気持ちは楽になった気がする。
人間関係も悪くはない。

oooが使命だと占いで言われたし、
自分でもそんな気がする。
だから、頑張っているのに、
なんか上手くいかない。。。

まだ自信がない気がする
やったほうがいいと
わかっていることもあるけれど、
なんか行動できない。
やりたくない。

まぁ、
心の声を無視して
無理に行動したら
辛いだけだしなぁ。

でも、
oooは出来たからいいか。

わたしには
まだ自信が足りないんだきっと。


多分アレをしたらもっとうまくいくはず。
ooさんに聞いてみよう。
ooを習ってみよう。
もしかしたら感謝が足りない?
そうだ、
今あるものに感謝しよう。


アレ?
けっきょく自信ってなに?
私なにがやりたかったんだっけ?


こうやって
クライアントBさんは、
「自信=万能薬」と認識して
魔法の薬を追い求めて、
自分探しの迷子になりました。


「自信」は魔法の薬だと信じ、
自信をつけさえすれば、
なんでも上手くいくと思っている。
そして
「万能薬の自信は努力すれば手に入る」
と思っている。

そんなわけがない。

ロジカルに考えればわかることも、
ストレスが溜まると
物事がロジカルに考えられなくなり、
物事の本質を見抜けられなくなり、
一時的な感情に流されます。

楽な方向に流されるんです、
無意識に。

なら、
「自信の本質」とは何でしょうか?

ちなみに、
「努力して手に入る自信=実力」
です。

努力で手に入るものは、
もっと努力と効率よくできる人が
そのうちでてきて、
そのたびに自分も
もっと努力して
っと上にいかないと
自信を感じられない。


だから
努力して手に入れた自信ほど
すぐ効果がなくなります。

欲しいものを手に入れるためには、
コツコツと頑張って実力をつけることは
モチロン良いことです!

ただ、
結果=あなたの価値=自信
にはなりません。

自信の本質は
「自己信頼」



ダメな自分も、
情けない自分も、
恥ずかしい自分も、
できない自分も、
不満を持っている自分も、
機嫌が悪い自分も、
八つ当たりする自分も、

全部受け入れる。

そして、
どんな自分も隠さずに、
表現できること。

「自分の表現したことに対して、
✖️をつけない」

自分感じたことを否定しない
という自分への信頼こそ、

自信の本質です。



もちろん表現するには、
時と場所を選んだりするのだけれど、

それでも、

仕事では、
素晴らしい自分のみを表現することを
ブランディングという言葉で
ごまかさない。

友人たちには、
優しい、包容力がある自分のみを
表現して、
自分の意見、考えていることを
ごまかさない。

家族には、
家族思いの愛情深くて、
理解力のある理想の家族の役ばかりをして、
不満、不安、を
ごまかさない。


負の自分を見せるのは、
相手の反応は選べないので、
勇気がいることだけど、

適切な環境、適切な表現方法
で行えば、

あるがままの自分でいられます。


あるがままの自分を表現できてれば、
「隠したい自分」がバレる心配もない。

表現したことで人ともめたら、
本当に好きな人とは、
関係を構築し直せればいい。

新たな関係を構築できれば、
自分を表現しても大丈夫という、
揺るがない自信につながります。

自分を表現することで
離れる人は、
それまでの関係だったということ。
またご縁があれば
つながります。



自分と向き合い
自分を受け入れられば、
自分が感じていることに敏感になり、

自分がやりたいことを
使命という言葉を借りなくても、

◯やりたい
◯情熱
◯こんな世界に住みたい


など心に素直になって
コツコツと堂々と
心から望むことを主体的に
実現できるようになります。



PS
Bさん過去のお話を参考にさせてくれて、
ありがとうございます。

Bさんのように、
『自信』という魔法の言葉から目が覚めて、
主体的に決断できる人が出来たら素敵だぁと思ってい、
ブログに書かせていただきました。


  


Posted by shenell at 15:55Comments(0)