2018年02月18日

行動できず続きもしないマインドとは?

こんにちは牧(MAKI)です。

昨日はケアンズは停電でしたね。
ちょうどホラー映画を見てたので、
しかも電気がキレた瞬間に、オバケがでてきて、
電気が点いたり消えたりするたびに
オバケが近づいてくる
という内容のものを見てたので、

リアルに停電にビビってました。


さて今日は

行動できずに、
行動しても続かない原因
について
お話します。



現代のお金と広告より 
Kindleで半額でしたよ☆



私も含め多くの人は
最初の一歩が怖くて踏み込めずにいます。

最初の一歩を踏んでも、
続かずに次に成功しそうな
ノウハウに飛びついてしまっている。



その原因となる価値観が何か知ってますか?

それは、
『失敗をしてはいけない』
という価値観があるからです。

失敗を必要以上に怖がってしまいます。


だからいつまでも
練習が終わらない。
最初の2、3度の経験で止まってしまう。。。



なら解決策として
『失敗を恐れずに前に進んでね♫』

とは私は言いません (笑)

怖いというのは感情で
生存に必要な本能なので消すことはできません。

怖いという感情がないと
ムダに危険を犯し生命を脅かしたりします。



とはいえ、
失敗してはいけない=失敗が怖い
となると、
行動したら失敗の可能性がでる。
行動しなかったら失敗の恐れはない。

だから、
失敗のリスクを減らそうと
行動の準備をし続けたりします。



失敗のリスクを減らすために
準備はモチロン大事!!!


行動の前に得たい結果から仮説を立てて
行動しないと
成功するかしないかのギャンブル的に
なってしまうからです。



今日読んだ
現代のお金と広告の本でも

「踏み出す勇気は要らない、
必要なのは情報だとあります。」

とあります。

では、

準備して進める人と進めない人の違いは
何かと言うと、

『自分に失敗や負けることを許せてるか』

です。


なので、
私のクライアントさんにも

『自分に失敗や負けることを
許可してあげるくらい自分に優しくしてね。』

 

のアドバイスはよくします。

何もかもが正解である必要はないし、
失敗が怖くても
トライアンドエラーで
進んでいくしかないんですよね。
 
失敗したら反省すればいい。
 
はからずも
人に迷惑や誤解をかけてしまう
こともあるから
 

ちゃんと反省をポイントを
『ごめんなさい』したら
関係や絆が強くなります。

私は昔、
世の中の正しいと思われるようなことを
振りかざして大事な人を傷つけたことがあります。

私が傷つけた子は、
ただ私に話を聞いて味方になって欲しいだけだったのに、

私にとっては、
『正解』と思われるようなことが大事でした。。。


このことからとっても反省して、

今は大切な人の味方であることが
私の一番の価値観です。


『正解』と思われることの執着から
解放されてとっても楽になりました。


だから、
人の失敗にも寛容になれる分、
応援もできる。


一つ注意点があるとしたら、
失敗はOK!なんですが、
失敗したら修正しないと
ずつと同じ失敗をし続けます



私の尊敬するカウンセラーさんは
それを学びの借金』
と呼びました。

借金は返済しないと減りません。
放置すると利子が膨らみ続けるかもしれない。

物事が続かない原因もココにあり!


失敗=悪いという価値観だから、
2、3回やっただけで
終わってしまう。。。


ダメな自分に執着し、
ダメな自分を癒すことで安心感を
覚えるよりも
失敗することを自分に許可するこし、
トライ&エラーしながら前に進む方が、
充実感は得られます。



自分に厳しく完璧を目指すのは苦しいです。
最初は上手くできることの方が少ないと思います。
 

自分に失敗や負けることを
許可してあげるくらい自分に優しくできるように
なったら少しずつ行動できるようになります。


 
そして失敗を面白おかしく笑ったり、
反省を次に生かせるように分析したり、
失敗を慰めてくれたりする
仲間やコーチがいる環境だけでも
自分に失敗を許可し、
行動できるようになります。



ではまた♫

  


Posted by shenell at 18:30Comments(0)カシコイ生き方

2018年02月14日

牧スピリチュアルを語る

こんにちは牧です。


長い本題に入る前に、
1個助けて欲しいことがあります!

個人でアカウントさんです
という方いたら
相談に乗って欲しいです。
もちろん有料で。
shenellchenell@yahoo.co.jp

まで連絡ください。




突然ですが、
あなたはスピリチュアルって
何のことだかわかりますか?

私はわかりません (笑)
一般的には「霊性」と呼ばれたり、
目に見えない世界のことらしいです。


私なりに
スピリチュアル、歴史、疑似科学、宗教、哲学
などの本を読んだ結果、


文字に色をつけるピリチュアルとは生き方
なんじゃないかと
思っています。


私たちは、
先祖サピエンスの時代から、
歴史的にみると
急激に進化しました。


急激な進化のために必要だった、
共同的創造
つまり
『神話』を通すことで、

協力しあい
集団で生き残れるようになりました。


空の物事を語れる能力は人間だけ。


急激に進化し数が増えつつある
サピエンスが
社会的秩序を守り
共存するためには
『神話』

が必要だったと言われています。


また
共同で想像し協力しあえることで、
サバンナで弱かったサピエンスが
世界を制するようになりました。


共同的創造の目的が
生き延びるためであり、
集団で共通の目的をもつことによって
他者との協力関係を気づき、
目的を達成するのだとして、


世界を制し
凶暴なサバンナから生き残り
世界を制した
サピエンスの子孫の
私たちにとっての
現在の
共同的幻想とは何でしょうか?


私は
生き方=働き方
だと思ってます。

働くといっても
労働=賃金を得る消費経済のことでなく

働くということは、

『自分だけの満足ではなく、
他人と分かち合うこと』


子供を育てることだったり、
アートや歌、ダンス
などで
人に感動を与えることだったり、

それぞれの情熱
社会という場で表現していく
ことでは
ないのかと思います。


今はSNSがあるので、
自分にあった表現をする方法が
多いと思います。


好きをお金に変えるには
マネタイズを考える必要が
ありますが、

社会に向けて表現するということは
誰かの‘価値’になっている

と思います。


そのためには、
好きなことを好きなように
やるだけでなく、
求められている何か察し
それを視野に入れながら
スキルを磨き表現す


ことだと思います。


スピリチャル本
シルバーバーチの霊訓によると、


スピリチュアル(霊性)とは
他人、書物から頂戴するモノではない。

自分の生活の行いで体感することであり、
何を信じるかではなく、何をしているか。


手助けされた人が
また誰かや何かを手助けすることで
お互いの存在理由となる。

祈りをあえて無視し、
その状態のまま放って置くことが
最高の回答である。



など言ってます。
(要約してます)



感覚的なのですが、

自分がしたいことを
一生懸命表現している人に
スピリチュアル性を感じてます。

なぜかというと、
見えない本質的な要素を
目にみえる物質的なことで
表現しているよう
に感じるからです。



私はコーチとしてお仕事してます。


コーチングはクライアントさんの
目標達成というツールを使い、
望んでいる未来へ連れて行くお仕事です。




私が支援しているクライアントさんは
大人が多いです。

多くの大人は自己実現の手段として、
く』ことを選びます。


サピエンスだった頃からの歴史を見ると、

人が生存して行くには
社会的協力が欠かせないです。

社会的協力は私たちの本能
なのかもしれません。


急激な進化の反動で、
資本主義が加速し、
金融が実体経済から
離れてしまった
と実感している
人は多いと思います。


今はネットで情報が
簡単に手に入るようになり、
好みの多様化で、
消費経済よりも
年齢層関係なく
個人の価値感』で働く
ことが重要視されています。


いわゆる
あったら助かるかも的なお金を
自分の嫌なことをしながら
手に入れるよりも、


自分の好きなことを
思考錯誤しながら生きていく。



ことが重要視され、

それが
私にとってはスピリチュアル性
だと思います。


好きなことを仕事にしたいという
クライアントさんのお手伝いをしている
私はもしかしたら、
はからずも誰かのスピリチャル性に
毎日触れてるのかもしれません♫

PS
参考図書
1、サピエンス全史
2、シルバーバーチの霊訓
3、お金2.0

どれもおススメなのでぜひ読んでください。

とくにお金2.0はこれからの働き方を書いているので
これから
ビジネスをしたいとい方は必読だと思います。




  


Posted by shenell at 20:59Comments(0)生きるってこと

2018年02月11日

人と比べた結果。。。



最近Twitter を始めました。
と言っても自分からは呟かないのですが、
活字中毒な私は、
followしている方たちのツイートをのぞくだけでも
面白い。

昨日まで存在しなかった人が、
ネットを通じて
私の人生に存在する。

面白いです。


タイムラインで流れてきたツイートで、
ツイートするのを怖がるのは、
バズって炎上が怖いのでなく、
言葉のセンスが丸出しになること。


的なことを呟いた方がいて

みょうに納得しました。

私自身このところ毎日いろんなことを
言語化してメデイアに発信してますが、

文にすると
言葉のセンスが丸わかり!

話すことは
雰囲気などで
ある程度はどうにかなったりするけど、

自分の気持ちや考えを
こめつつ、
相手に伝わるようにしつつ、
さらにメデイアの特徴にあわせた

文を構成するのは難しい!



最初は勢いよく
思いをぶつけたりして
発信する面白さだけで
満足するのだけれど、

毎日は勢いだけでは続けられない。


毎日書くには、
自分の思いやビジョンを
違う角度で捉えて言語化したり、
さらにインプットもしつつ、
自分の思いやビジョンを
アップデートしていかない
書くことがなくなってしまう。


書くスキル+情熱+読者目線

を常に意識しないと書けない。


勢いがしぼんだ頃は
そんなに書けないから辛い。

言いたいことが文章として
形あるものとして上手く伝えられなかったり、

自分の文章の陳腐さに
悲しくなってくる。


それに加えTwitterは、
短い文章の上に、
自分の考えていることを
リアルタイムに載せていくから、

絞り出して良いものを
つぶやくわけじゃないから
言葉のセンスが出るのだなぁって思う。


「言葉のセンス」は
日頃の思っていることを言語化しているか?
自分が何を考えて、何を見て、何を聞いて、
何を選び、何から影響を受けているか?

つまりその人そのものが滲み出てることが
言葉のセンスにつながるのではないかと思う。




私は炎上が怖い怖い
思っていたけれども、

本当は自分の文章力の低さを
認めることと、

人からこの人は
『知的レベルが低い』
と思われるのが嫌だったんだと
気がついた。


そもそも
「怖い」という背後には、
『人から見た自分はどう思われてるか?』

のパターンがある。


誰かと比べて自分を劣っている
と思うから辛くなるのは辛くなるのだけれど、

『なら誰かと比べるのをやめよう』
と思うのは短絡思考だと思う。


私は、
自分より優れた誰かが作り出したモノを
素直に感動、評価して
自分もそのレベルに達する努力をする
ことを選びたい。

自分より優れている人は
才能だけでなく
努力をしてその場にいるのだから、
そこは快く尊敬したい。



『あの人はあの人自分は自分』
と自分の負けを認めないのは
認知不協和でしかない。





人と比べて辛くなる原因は

人と比べるから辛いのではなく、
自分が劣っていると思っているのに、
人より優れたいと深層心理では
思っているから辛くなる。


だから、
できない、やらない、自分を責める。

できない、やらないという事実自体には
なんの辛さもないはず。

ちゃんと事実を事実として受け止めた上で
この先どうしたいか作戦を立てた方が
欲しいものは手に入る。




誰かを目標にするときに
気をつけたいのが、
目指すのはその人の
スキルや考え方、価値観であって、
その人になることではない。


そして自分が憧れていることに
情熱や目的がないと、

ただの嫉妬や憧れでしかなくなくなる
から、

本当に自分が成し遂げたいことでなく、
その人を超えることだけの執着でしかない。


それでは長期的考えると幸せにはなれない。


自分の今の実力を認めて、
コツコツと努力していくのが
充実した人生を送るコツだと思う。


充実した人生って結果でしかないから、
コツコツしている時は充実を
感じられないかもしれない。

でも振り返ったときに
『あっあの時めっちゃ頑張ってたな』

と思えたら充実してたことに気がつくし
自分の人生の資産になる。


何かを達成するしないの関係なく、

仕事、恋愛、子育て、趣味
なんでも集中、夢中になれることが
できることが幸せで充実した人生だと思う。

夢中になるには何か目標や目的が絶対ある。

話が長くなったのでまとめると、

悔しさをバネに!

その一言です♫

  


Posted by shenell at 22:22Comments(0)生きるってこと