2017年05月31日

ありのままの自分だと努力をしなくていい?

こんばんは、牧です。

 

ありのままの自分とは、

「弱点だと思う部分を変えようとせず、

ただ受け入れること。」

とお話してきました。

 

それなら、

「それなら何の努力もしないでいいの?」

「引き寄せや流れに任せた生き方のがいいの?」

と思いませんか?


私は昔はその辺がモヤモヤしていました。

 


昔の私は、

「触るもの全てを壊す」と言われるくらいの

不器用だったのに、

(本当に沢山のものを壊してました(笑))

 

それがコンプレックスだったので、

努力しまくって

今や器用貧乏になってしまうくらい、

触るものには結果を出してきました。

 

だから、

「そんな弱点を変えるな言われても。。。」

 

納得がいきませんでした。

 

がっ、心理学やコーチングを

勉強していくうちに、

あ~そういうことね~

とわかってきました。

 

ので、

一部をシェアをさせて頂きます。

 

まず、

努力しないで上手くいくことと

上手くいかないことの違いが分かりますか?

 

努力して上手くいくことは、

コントロールできること。

努力しても上手くいかないことは、

コントロールできないこと。

 

努力して上手くいくことは

行動、価値観、考え方、環境(付き合う人など)

努力して上手くいかないこと

感情、性質、他者、過去の出来事、環境(自然災害、天気)

 

思い出してみてください、

「怒っても仕方ないよね~」

って思って我慢してると、

余計イライラしてきませんか?

 

性質も生まれ持ったもので、

例えば、

私は恐らくADHD(多動性)なので,

一か所の所で同じ作業をジッとするのが苦手です。

ADHD多動性をどうにかしようとせず、

その代わり対策として

ジッとしていないいけないデスクワークは

部屋など場所を頻繁に移動して行います。

 

「努力しても上手くいかない。。。」

って人は大体コントロールが難しいことを

コントロールしようとしてたりします。

それは努力や頑張るじゃなく、

無理をしている状態ですよね。

 

上手くいかない

諦めきれない(ここまで努力したのに)

執着(今あきらめたら損)

のパターンで長年苦しんでいる人は結構います。

 

 

私のように努力して

コンプレックスを克服したとみせかけて、

結果は出せたとしても、

前提が自己否定から始まってるので、

結果を出すまでのプロセスが楽しくないし、

結果が出せた時の達成感は一瞬なので、

充実感は味わえず、

燃え尽き症候群になる確率は高いです。

 

今の私は相変わらず、ビビりで、

大人数のセミナーを開催するとき、

最初は手が震えたりしますが、

あえて手の震えを放置してます。

すると一分間くらいでおさまるんですよね。

 

隠したり、誤魔化したりすると

結構長引いたり、

次回のセミナーも手が震えたらどうしよう

って目線が自分に行っちゃっうんですよね。

 

緊張や神経症的な自分を受け入れることで、

今は楽にクライアントさんの結果や望んでいることに、

集中することができます。

 

目標達成や願望達成する要素は

一概にコレ!っては言えなくて、

人によってはノウハウだけが必要だったり、

マインドセットだったり、

メンタル的要素だったりで、

しかもその組み合わせだったり

人それぞれ違いますが、

 

自分にとって価値あるものや重要なものに

専念して努力することは、

目標を達成した以上の

充実感と幸福をもたらします♪


しつこいようですが、


自分が何が好きで何が嫌い、

何が得意で得意じゃない、

こういう世界観を生きたい。

など

真剣に自分自身と向き合うことから

幸せな自分らしい人生は歩めます♪


  



同じカテゴリー(自分らしさ)の記事画像
自分を探したくなる心理
自分を探したら迷子になる
ありのままの自分の受け入れ方
ありのままの自分って何だ!
同じカテゴリー(自分らしさ)の記事
 自分を探したくなる心理 (2017-07-26 20:15)
 自分を探したら迷子になる (2017-07-24 20:37)
 ありのままの自分の受け入れ方 (2017-05-30 18:33)
 ありのままの自分って何だ! (2017-05-29 21:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ありのままの自分だと努力をしなくていい?
    コメント(0)