2017年09月16日

支配と影響の違い

こんばんは、牧です。

支配と影響の違いって知ってますか?



昨日のの記事
相手を支配するのでなく、
お互いに影響を与えあい、
日頃から欲求の伝え方や相手との距離の縮め方を
知っていれば、どんな試練も愛は強くなります。

と書きましたが、
今日はその続きを書きたいと思います。

リレーションシップにおける支配とは何でしょうか?
影響とは何でしょうか?


この違いを知っているだけでも
愛が深ります。

支配
〇 相手を自分が幸せにしようと思う。
〇 相手にされて嫌なことを我慢する。
〇 2人の間に起こる問題を自分の外に置く

など

意外かもしれませんが、
相手を幸せにしようと思うのも支配に入ります。
幸せは感じるものなので、
感じ方は本人しか選べません。
本人以外が出来るのは幸せになるお手伝いです。

相手にされて嫌なことも我慢するということは、
自分の心を開いていないということです。
相手に心理的に近寄ることを禁止しています。

二人の間に起こる問題を自分の外に置く
例えば率直な思いを話し合わずに、
「コレはあなたの問題、コレは私の問題」
と二人の間に起こる問題を勝手に分けることです。
争いの主な原因は情緒的な繋がりが切れること
なので、問題を勝手に分けて考えることは、
あなたの思いは私には関係無いと言っているものです。


女性に多いパターンとして、
相手が理解してくれないと思うと、
見方を付けるために、
外に目を向けやすくなります。

(習い事、ボランティア、子育て、仕事。。。)

昔に鏡の法則という本が流行りましたが、
その影響で
「自分が変われば、相手も変わる」
っと思い、
ひたすら自分に意識を向ける傾向が
ある方がいます。
それも根にある思いはガッツリ支配です。



そもそも
人は自分自身で本気で変わろうと思わないと
変わりません。
相手は支配されようとしていることに気づくと
信頼関係崩れます。



自分自身を本当の意味で変えることは
難しいです。



だから
相手が変わってくれる方が楽なんです。
良い面だけ見ようとしたり、都合の良い解釈してる方が楽なんです。
向き合わずに相手のせいにしてる方が楽なんです。
正論はいてる方が楽なんです。

自分が悪者になるのが嫌なんです。
(過去の私。。。)



表面的に自分を変えたつもりでも、
気が付いたら問題が悪化していた、
ことなんてざらにあります。



人間関係の問題はめんどくさいけど
お互いが向き合うしかないんです。

結局は分かり合えないかもしれないし、
傷も深くつくかもしれない。
それでも率直に気持ちを話していかないと
自分の人格を磨くことにもつながりません。



あっ、長くなったので、影響とは?
はまた次回に。


最後まで読んで頂きありがとうございます。






同じカテゴリー(人間関係)の記事画像
愛を深める影響の話
良好人間関係の原理原則
同じカテゴリー(人間関係)の記事
 愛を深める影響の話 (2017-09-17 19:58)
 良好人間関係の原理原則 (2017-09-15 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
支配と影響の違い
    コメント(0)