2017年09月17日

愛を深める影響の話

こんばんは、牧です。

今日は昨日の続き支配と影響の違いをお話します。



影響

愛の繋がりがある関係とは、
愛があり重要な人だからこそ
お互いがお互いに影響し合うこと
を知っています。
そして、
愛着欲求や不安がお互いに
重要な意味があると伝えあう
ことです。

好きな人が元気なかったり、落ち込んでたら
あなたも気になるのではないでしょうか?
励ましたり、話を聞いたあげたりしたくなりませんか?

また、
自分が望んでいることが必ずしも
相手の望んでいることとは
限らないことも知っています。

コレを頭にないと、支配の欲求がでてきます。
「私がせっかくアドバイスしたのに~!」
とか、無意識に相手を自分のアドバイス通りに
動いてもらうことを望んでいたり、
相手が思い通りに動かないことにモヤモヤしたり。


だからこそ、
抑制が効く段階で
怒り、悲しみ、不安を適切に表現しあい、
何かあれば助けを求めたり、
相手との感情、肉体的近さを確認し合ったり
していきます。


私がMOJOさんなどでさせて頂いた
自分を幸せにするセルフコーチング講座などは、
自分のやりたいことを実行することにフォーカスしています。

その本質は
自分の機嫌は自分で取る
ことです。

人は基本自分が好きなことをやっているときは
機嫌がいいです。
機嫌がいいと態度や心の在り方が前向きです。
相手への思いやりも感謝も自然と出てきます。


逆に好きなことを我慢しているときは、
相手に不満がたまりやすかったりします。

「私はこんなに我慢しているのに。。。」
の裏の気持ちは、
「私がこんなに我慢してるんだからあなた000してよ!」


我慢は結局は支配です。


注意
自分の機嫌さえ取っていれば、
お互いが抱えている不満を話し合わなくて
すむことではありません。


お互いが抱えてる不満や欲求があれば、
そのことを無視せず
相手との意見の違いや不満は
問題解決可能なものと考え、伝えることでしか、
不満や欲求は解決しません。



自分の機嫌を取ることは、
自分の幸せは相手次第ではないということです。



つまり
相手との問題の本質から目をそらすために、
自分の機嫌だけを取り続けるのは、
薄ぺらい関係になって行きます。




まとめると
自分の機嫌は自分で取りつつ、
相手が自分にとって大切な人だからこそ、
相手の愛着欲求や不安が
自分にとって重要であり、
影響してることを伝えあうこと。

日頃から感情や肉体的近さを気に掛けあい、
何かあれば助けてくれると信じあえる関係が
愛を深めていくコツになります。


もしあなたが
大好きな人との関係で悩んだときに
参考になれば幸いです。


PS
私は一人っ子なので、兄弟同士ケンカで人間関係を学ぶ
ことはできなかったのだけれど、
その代わりに母や従妹、親友たち、パートナーと
ケンカしてきました。

その時はお互い分かり合えなかったりで
気まずかったり、悲しかったりしたけど、

その度に
「この人との関係をこんなことで壊したくないな」
「この人のこと本当に大事だと思ってるんだ」
と自分の中の愛情を確認したり、
自分の行いを反省したりすることが出来ました。

私の場合は結局ケンカした人のほうが
関係は長続きしています。

私を私のまま受け入れてくれる、
一緒に成長してくれる人たちに本当に感謝しています。

PPS
こんないいこと書いているさなか、
隣の部屋から幽霊話のドキュメンタリーが聞こえる。
(パートナーが見てる。)
さて、どーしようかな(笑)





同じカテゴリー(人間関係)の記事画像
支配と影響の違い
良好人間関係の原理原則
同じカテゴリー(人間関係)の記事
 支配と影響の違い (2017-09-16 18:29)
 良好人間関係の原理原則 (2017-09-15 19:18)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
愛を深める影響の話
    コメント(0)